出会い系詐欺被害に遭う前に知っておくべき悪徳サイトの手口

騙される前に知っておくべき悪徳出会い系サイトの手口について、代表的な手口を8つ紹介した記事についての解説です。

■1:最近は男のサクラの方が多い
■2:電話をしたり、実際に会ったりするサクラもいる
■3:9割以上の口コミサイトは悪徳
■4:無料の出会い系は99%悪徳
■5:末尾が有名サイトと同じところは悪徳
■6:副業紹介サイトは9割以上悪徳
■7:誘導の仕方がより巧妙に
■8:半分以上の占いサイトは元出会い系業者が運営している

引用元:マイナビニュース
騙される前に知っておくべき悪徳「出会い系」の裏話8つ【前編】』(2013年2月22日)
騙される前に知っておくべき悪徳「出会い系」の裏話8つ【後編】』(2013年2月22日)

この記事は、「マイナビニュース」という普段あまり出会い系に関わりがない人が読者に多いサイトに掲載された記事ということもあって、一般の人にとって見れば注目すべき情報なのかもしれませんが、実はこれはすでにいろいろな情報サイトで取り上げられている話題ばかりです。

特に、悪質な出会い系が利用者を獲得するために、占いサイトや副業サイトを介して不正に出会い系へと誘導する手口については、このサイトでも詳しく取り上げられていますし、出会い系サイト事情に明るい人からすれば特に目新しいものはありません。

問題は、悪質な出会い系がなぜこうした手口を駆使してまで利用者を獲得しようとするのかという点にあります。

その大きな理由は、利用者が悪徳業者の手口やサクラのメール方法などについて詳しくなってきているからです。以前は知識がなければ簡単にサクラに騙されてしまっていたところが、情報の充実によりユーザーの多くは簡単に騙されなくなってきましたし、サイトに登録することも随分と減ってきました。要するに、悪徳サイトを使う人が格段に少なくなってきているのです。

そのため、業者はあらゆる方法を使ってサイトへ登録させようと躍起になってこうした様々な手口を使うようになっているということなんです。

悪徳サイトに登録する人が減るというのは、いいことではありますが、反面、このように手口の巧妙化を招いているという側面があるのも事実です。ユーザーを騙す手口が巧妙化すると被害に遭った時の損害が大きくなりやすいという面もあるので全体的に見れば状況は必ずしも改善されているとは言えないでしょう。

いずれにしても、出会い系にこれまで関心がなかった人でも婚活目的でサイトを使う機会が増加しつつある現在においては、新たなユーザーが新たな被害者となる可能性があるので出会い系情報の取扱いには十分に注意することが必要です。