急増する新たな出会い系被害

2月20日付のasahi.comのニュースより、今年になって急増している悪質出会い系サイトによる被害について、実例や対策・予防法などが紹介されていましたので取り上げてみます。

悪質な出会い系サイトの被害が今年に入り急増している。関係ないサイトの登録者が「相談に乗ってくれたらお金を払う」との文句で出会い系サイトに誘導され、被害に遭うケースが増えているようだ。県消費者生活センターは「実際にお金をもらえることはない。怪しいサイトには近づかないで」と呼びかけている。…

asahi.com 「急増 出会い系サイト被害」(2012年02月20日)

記事要約

これまでは、出会い系サイトを利用中の人をターゲットにした架空請求などの料金の搾取などが悪質サイトによる一般的な手口だったが、今年に入ってからは副業やお小遣い稼ぎのサイト登録者を出会い系へと誘導しそこで料金を支払わせるという手口が多くなってきている。

解説

この事例から見えてくることは、これまではこうした被害に遭うのは主に出会い系を利用している人だけでしたが、今後は普段出会い系サイトとは無縁の人でも結果としてそうした悪質サイトで料金の搾取などの被害に遭ってしまう可能性が出てきた、ということです。たとえば、この記事の中で取り上げられている副業やお小遣い稼ぎを目的としたサイトの利用者は当然、出会い系のことなど最初は考えていなかったはずです。場合によっては、騙された後も出会い系で騙されたということに気付かな人すらいるかもしれません。

このように、普段まったく縁のない人、ごくごく一般的な主婦などが今後は悪質出会い系の詐欺に遭ってしまう可能性が出てきたということが言えるでしょう。対策として、メールアドレスの変更などを呼びかけていますが、その前に「メールで相談」や「謝礼」などのワードが出てきた時点で怪しいと感づかなければ後手に回ってしまいます。

他サイトへの誘導や、ポイント購入やメール交換の見返りに多額の謝礼金など、出会い系に慣れ親しんだ人であればごく分かりやすい悪質サイトの詐欺の手口と見破ることができるでしょうが、普段使い慣れない人はこの事例のように簡単に引っかかってしまう可能性が高いので十分気をつけなければいけません。

では、今回のニュースから重要な点をまとめてみましょう。

悪質出会い系に騙されないためのポイント

  • 無料でお小遣い稼ぎができると謳うサイトは危険
  • 他のサイトへ誘導されたら悪質サイトの可能性大
  • “謝礼”などと引き換えに料金決済を求められるサイトは危ない