Facebookを活用した婚活アプリ『マッチアラーム』の会員が10万人を突破

ここ最近、Facebookを活用した婚活アプリが続々と登場していますが、その中のひとつ、『マッチアラーム』の利用者数が10万人を超えた模様です。

2012年9月3日に正式リリース。約8ヵ月で累計会員数が10万人を超えたことになる。

引用元:マイナビニュース
Facebookを活用した婚活アプリ「マッチアラーム」の会員が10万人を突破』(2013年5月15日)

『マッチアラーム』の特徴は、利用者を20代・30代に限定しているという点です。また、他にも一人一人の登録者をスタッフがすべて確認して人的な作業で登録を行っているため不正利用やコミュニティが荒れる元となるような迷惑なユーザーが入会できないような仕組みになっています。

それ以外にも自らが相手を探す必要がなく、自動で毎朝一人でマッチングされるという仕組みの手軽さが受けて会員を順調に伸ばしているようです。

こうしたFeacebookを活用した婚活を目的としたアプリには他にもあります。以前、紹介した『my-Qpit(マイキューピット)』や『omiai』などもそのひとつです。

各社それぞれに独自性を出そうとシステムや利用者の限定、機能などで差別化を図っているので、自らのニーズに合う、婚活スタイルに合うサービスを選ぶということが大切になってくるでしょう。

ただし、出会い系サイトなどと違って、女性も有料となる場合もあるので複数のサービスを同時に利用するということは考えられませんので、こういったサービスが乱立すればするだけそれぞれに利用者が分散してしまい、望む婚活が実現できないという事態が生じる懸念はどうしてもあります。

今後は、そういった面をいかにクリアしていくのか、また業界の地図がどう変容していくのかにも注目したいところです。