親との同居は婚活で有利になる!?

経済的な理由から婚活を思い切って進められない人へ、その不安を解消するために親との同居を検討してはどうかというコラムです。

婚活男子も、経済的な問題を感じている人は多いはず。また婚活女子は、結婚後も仕事を続けたいけれど子供ができたらどうしよう? などと、結婚前から悩み始めるかもしれない。そこで、親との同居を婚活のサバイバル作戦にしてはいかがだろう? 家賃がかからない実家であれば、結婚のための支出をかなり抑えられるし、いざとなったら育児のサポートも両親にお願いしやすい。逆に親をサポートすることもできる。どちらかの実家でスタートさせる新婚生活は、非常に地に足のついたものとなるだろう。

引用元:LAURIER(ローリエ)
“親との同居”を婚活のサバイバル作戦に!』(2013年2月19日)

少子化が招く国力の衰退などの危機については盛んに叫ばれて等しいですが、その一方で家族の生活形態においては核家族化の進行がどんどん進んでいるという事情があります。

記事でも触れている通り、現在の不況下では女性は専業主婦として家庭にいることは経済的に非常に難しくなっています。夫婦共々仕事を抱えながら生活をしなければ暮らしていいけないという経済事情なのです。

そうした生活形態においては、子供を一人育てるのも容易ではありません。
ましてや、二人・三人と育てるのはもの凄く困難なことなのです。

そういった実感や世相を反映してか、親との同居についても抵抗を感じない人が若い世代に増えているということです。

結婚だけでなく、子育てや親の介護といった後々の問題のことを考えると、様々な面でメリットが多いように思える同居ですが、恋愛期間中の女性にとって同居は、実際には選択することがとても難しいことであるとも思います。

みなさんはどのように考えるでしょうか?
ぜひコメントをお寄せください。